イシログ

新しい記事


2009/07/15 Wednesday : 禁断のMW
 
ムウを観てきた。
ストーリー自体は何ともかんとも…。

結城の行動に説明のつかない部分が多いし、そもそもあれを単独犯でやれるのかという疑問もあるし、(賀来が手伝ったのは、最初の脅迫電話と、橘刑事殺害を止められなかったことだけだから、ほぼ結城ひとりの犯行だよね)作品のキャッチフレーズ「世界を変えるのは、破壊か。祈りか。」の回答は出ないままだし。
正直なところどうなのかと思わないでもないが。

迫力と緊張感はあった。
結城を怖いと思う反面、捕まって欲しくないとも。感情移入もできた。
すべてのシーンにおいて、賀来の表情がよかった。
山下本部長は前半の浅見な銀行員の演技といい、結城に捉えられてから殺される最期のシーンといい、すごい「らしくて」いいなと思った。
牧野記者(石田ゆり子)の最期もよかった。結城を見る視線と、突き飛ばされてヘリに打たれるまでの一連の演技が。


まあ、わざとらしいCG処理や合わない主題歌に冷めつつも、結論としては、あれだなー、Mr.&Mrs. スミスみたいな感じだと思えばとても満足のゆく作品だと思う。
Mr.&Mrs. スミスがブラピとアンジーのかっこよさを楽しむ作品ならば、ムウは玉木宏と山田孝之の美しさ堪能する作品、すなわち、ふたりのプロモーション映像なんだと思った。

でも、玉木と山田の演技がうますぎて途中何度も泣きそうになった。
わたしルキズみたいな作品では全然泣かないのに、こういうのに弱いんだよね~…。
どこにもぶつけようのない怒り、葛藤、悲しみを抱えながら、それを自分で消化することもできずに苦しんでいる人の姿っていうのかな。

結城にしても賀来にしても苦しみの方向は同じで、でも、お互いがお互いの救いにはならなくて、自分で自分を救うだけの力もなくて、出口がないという。
その先にあるのが破滅だと分かっていても、進める道はひとつしかないから選びようがなくて、常に絶望を抱えているの。
まあ、人生の選択肢は複数あるようで、本当は常にひとつなんだけど。常にひとつであることに気づけないほど閉塞感に支配されている状態。
こういうの、堪えるよ~…本当に泣けてくる。

昨日の昼間、仕事しながら「少年たち2」の3巻を観たんだけど、加藤くんという小学校高学年くらいの少年が出てきて。学校でいじめにあったり辛いことがあったために、自分の祖母を虐待してしまった子なのだけど。

まあ、結城と賀来の体験は加藤少年のものとはベクトルが違うが、体験の重さは比べられるものではないのであえて並列して考えると、あのくらいの歳で、彼ら子供の処理能力をはるかに超える体験をさせてしまうことが、本人にとって外野の想像以上に重い苦しみとなること、その後の人生にどれほどの影響を与えるのかということを、大人はもっと分っていなければいけないなと思った。

成人するまでの子供たちの行動は、大人の責任なんだな~。
いや、親族とか教師とかって狭い範囲の話ではなくて、わたしも含めて投票権を持つ者すべての責任という意味で。
わたしは、まだ年齢的にも社会的にも若輩なので、成人してからも、子供の領域に片足を突っ込んでいるような感覚があったけど、自分だけじゃなくて、社会に責任を取れるようにならなきゃなー。

ムウの存在にしても、望月代議士や米軍だけの責任ではないよな。この世に生きる大人すべての責任だろうと思う。大人というのは、そういう責任を担って生きなければいかんのだと思った。

ところで、林泰文は高校の頃の松坂大輔に似ているよね。最初にどこかで見たことあるなと思ったら、横浜の松坂くんだった。
あ、ウィキを見たら、林くんの方が年上なんだ。じゃあ逆だな、松坂大輔が林泰文に似ているんだ。

| 観たものの話 | 22:58 | comments (0) | trackback (0) |


 


この記事にコメントをつけます。






  

   


この記事のトラックバック: http://lapis.s141.org/tb.php?106


トラックバック一覧

古い記事